2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!
ワーキングホリデー♪ そぅだ。。。カナダに行っちゃおう!! カナダの土地をアルクのだ!!
今まで日本最高!地元最高!!主義(笑)OLの管理人。
「オーストラリアに住んでいる友達の所へ遊びに行ってみよう」思い英会話を始めた事がきっかけでワーホリでカナダへ行ってみよぅ!!と決心。
脱OL!!2007年3月下旬出発!!只今下調べや準備に奮闘中。 カナダの土地をアルクのだ!!

★海外旅行保険★

=海外留学保険。。。入るべき?=



「いざ!!」とゆぅ時の海外留学保険。。。

カナダに行って病気になる、怪我するとは限らないぢゃん!!!
と思ったりしちゃうのですが。。。
1年間絶対に何もないとも言えないんですよね。
何かあった時。。。既にカナダ
時既に遅し。

その時は多額の支払いが出来るのかexclamation&question
そぅ考えると何かあった時の為の保障は大切です。

じゃあ何を保障してくれるの?と思ったので簡単に内容を調べてみました。
海外留学保険の基本的な保障内容は


1傷害死亡、後遺障害
  交通事故など事故によるケガが原因で後遺障害が残ったり、
  死んだ場合の補償

2疾病死亡
  旅行中に病気で死んだ場合の補償

3傷害治療費用、疾病治療費用
  傷害とはケガ、 疾病とは病気の事です
  入院、通院を問わずケガや病気で医師の治療を受けた場合の
  治療費用、治療に必要な交通費や通訳雇入れ費用も対象
  となる

4救援者費用
  事故や病気で3日以上入院した場合に、家族等救援者が現地
  へ赴く費用や、搭乗中の航空機が遭難した場合の
  捜索救助費用等が対象
  出発前に患っていた病気、虫歯など歯の病気、妊娠、出産
  による入院の場合は対象外

5賠償責任
  他人の物を壊したり、ケガをさせて弁償が必要な場合の補償。
  使用中、借用中の物に与えた損害は対象になりませんが、
  レンタルの生活用品やホテルなど宿泊施設の部屋については
  借用中でも対象となる
  対象にならないケースは他に次のようなものがある 
  ・職務中の賠償事故
  ・自動車での賠償事故
  ・賃借中の住居に与えた損害や住宅の使用、管理に起因した
   賠償事故
   ↑留学保険の留学生用、長期用もしくは滞在用の
     賠償責任特約では補償される



6生活用動産
  携行品特約では住宅内での身の回り品の盗難や破損の損害
  は対象外ですが、生活用動産各特約では住宅内にある間も
  補償される
  パソコンなどを持っていく方や現地で家財道具を購入する
  予定の方にお勧め

7携行品
  デジカメ、パソコンなど身の回りの品物を携行中に盗難、破損
  (置忘れ、紛失は対象外)などで損害を受けた場合の補償で、
  1点あたり10万円(航空券、パスポートは5万円)の限度がある
  身の回り品(自分の持ち物)でも、現金、コンタクトレンズなど
  対象とならない物もある
  住宅内(但し、寮・ホームステイは居住施設とみなしません)
  での事故も対象外
  補償額は持っていかれる品物の価値を考慮して決めた方が
  いい


になります。

歯の治療は保障対象外といぅ事を頭に置いておきましょう。
(オプションでプラスすれば歯の治療も保障可能なモノもある)

そして当たり前ですが保障の金額が大きい程保険料は高くなります。

でも実際。。。
カナダに行って何かあった時の為の補償に1年間で〇十万払うと考えると。。。

正直そんなに保障を厚くする必要があるのか?と考えてしまうので(笑)現地での自分に合ったある程度の補償がいいと思います。

また万が一保険を使う事になった場合、


ひらめき先に自分で治療費を立て替えて、後で請求
  (診療費はクレジットカードが利用ができます
  現金や銀行の残高に余裕があるのであれば、
  キャッシュorデビットで支払う方がいい)
ひらめき治療費を保険会社が病院に支払い
  (キャッシュレスで立て替える必要がない)


どちらの方法になるのかを保険会社に確認しておきましょう。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25977570
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。