2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!
ワーキングホリデー♪ そぅだ。。。カナダに行っちゃおう!! カナダの土地をアルクのだ!!
今まで日本最高!地元最高!!主義(笑)OLの管理人。
「オーストラリアに住んでいる友達の所へ遊びに行ってみよう」思い英会話を始めた事がきっかけでワーホリでカナダへ行ってみよぅ!!と決心。
脱OL!!2007年3月下旬出発!!只今下調べや準備に奮闘中。 カナダの土地をアルクのだ!!

★役所関係★

=国民年金=



年金なんてまだまだ先の事だから。。。とは思うものの、それなりに老後の保障は欲しいものです(笑)

やっぱり公的手続きはしっかりしていきましょう。

正社員で働いている人は会社で厚生年金に加入していて、会社が何割か負担してくれています。
お給料明細に記載されている(はず)ので確認してみましょう。

正社員で会社を辞めた場合には、会社で加入している厚生年金は継続することができなくなりますので、一般の国民年金に切り替える必要があります。
国民年金に加入する際は全額自己負担になりますので厚生年金より割高になると思います。

会社を辞めたら「国民年金をいくら払うのか」気になる方は市区町村でまずは確認してみましょう。


ワーホリ中の年金支払いの仕方は大きく分けるとの下記のパターンがあると思います。

1厚生年金から国民年金に切り替えて、カナダにワーホリ中
 も支払う。

 一括して口座振替支払いする場合は安くなる事もあります

2厚生年金から国民年金に切り替えて、ワーホリでカナダに
 行っている間は年金の支払を一時停止(若年者納付猶予制度)
 にしておいて、帰国後に支払いを開始する。

 ワーホリ中の保険料の追納も可能です。


3厚生年金から国民年金に切り替えて、ワーホリでカナダに
 行っている間は年金を支払わず、帰国後、未納期間を
 遡って2年以内に支払いをする。

 この未納期間は受給資格にはカウントされません。
 ほっておいて二年経つと無効となって未納期間になるので
 注意が必要です。
 そして帰国後の年金負担を考える必要があります。
※住民票を抜いた場合は任意での加入手続きが必要になります。

4住民票をカナダに移動(転出届け)してワーホリ期間中の
 国民年金の支払い義務をなくす。帰国後に加入する。

 将来年金を貰える金額が変わります。


ワーホリ中の国民年金の支払い額の負担面では

1324

の順番に安くなります。


それぞれにメリット、デメリットがありますので、自分の将来を考えて、検討して決めましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25149252
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。