2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!
ワーキングホリデー♪ そぅだ。。。カナダに行っちゃおう!! カナダの土地をアルクのだ!!
今まで日本最高!地元最高!!主義(笑)OLの管理人。
「オーストラリアに住んでいる友達の所へ遊びに行ってみよう」思い英会話を始めた事がきっかけでワーホリでカナダへ行ってみよぅ!!と決心。
脱OL!!2007年3月下旬出発!!只今下調べや準備に奮闘中。 カナダの土地をアルクのだ!!

★役所関係★

=国民保険=



会社員の方は社会保険に入っていますが、退職すれば国民保険に切り替えなければ保険証がない状態になります。

この国民保険、ワーホリ中にも継続しておくのがいいのか、住民票を海外転出にして止めるのがいいのか、悩む所です。。。(* ´Д`*)=3
国民健康保険に加入するには住民票は移動しない事が前提になってきます。
住民票を移動しない事によって国民保険は加入できますが、その他にも、住民税、国民年金の支払いをしなくてはなりません。。。

とゆぅ事でワーホリ中の保険加入策、何パターンか考えてみました。


1国民保険に加入(住民票をそのままにしておく)

市役所の税務課で自分の所得から計算して、おおよその金額を出してもらう事ができます。

2現在の社会保険の任意継続

今働いている会社での社会保険を退職後も継続させてもらう事ができます。。
在職中は会社が保険料を半分負担しています。退職後はその会社に在籍していないので全額自己負担になります。

3国民健康保険に加入せず、海外留学保険に加入。(住民票を「海外転出」にする)

国民保険の代わりに1年間入ります。保証金額によって、支払い金額がかわってきます。

41、2のどちらかの加入+海外留学保険

国民健康保険で賄えない保証を海外留学保険でカバーする。両方の保険料がかかりますが、保証は厚い??


ワーホリ中の病気や怪我は予想ができません。
どれが一番いいのかは、自分の考えによると思います。
保証内容、金額をよく調べて自分が何に重点を置きたいかを考えて加入したいですね。



そして国民健康保険と海外留学保険の違いを考えてみるといいかもしれません。

モータースポーツ国民保険

病気・怪我に使える。
(保険の請求は日本帰国後になるので通院の際は立て替えるという形になります。補償額は日本の診療点数が基準なので、支払った額面は帰ってこない。)

海外保険で利かない歯の治療費なども日本国内と同様に請求できる。

モータースポーツ海外留学保険

申し込み内容にもよってですが、病気以外でも飛行機の遅延や荷物紛失、盗難なども保証があります。

また病院に行った時の日本語通訳も保険で請求できるので英語に自信がない、また海外生活には慣れていないという人は海外保険の方がいいかもしれません。


お勧めの保険プランは。。。海外留学保険で説明しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25149150
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。